Pc-Trace

<< 2024年5月 >>
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31






Pc-Trace
PC-Trace

Blender - 2023年1月の記事
01/27(金)
画像ファイルがあります 添付ファイルがあります
01/20(金)
画像ファイルがあります 添付ファイルがあります
01/16(月)
画像ファイルがあります 添付ファイルがあります
01/09(月)
画像ファイルがあります 添付ファイルはありません
01/07(土)
画像ファイルがあります 添付ファイルはありません
>>このカテゴリーの記事一覧

Blender:ChatGPT 練習1

文章を巧みに操ることで、高度な反応を引き出すには使い手側の能力に無理があるので、身近なアプリを対象に質問の練習から..

Blenderで、円周上に等角にボックスを配置する質問
(個数などの制限は設けてない)



回答されたソースを「Blender」のテキスト欄に貼り付けて実行!


スクリプトを実行する際の説明まで..
添付ファイル 添付ファイル


Blender:Coffee Break..  Jgarden

赤青メガネ必須。 AI・Anaglyph

Stable Diffusionで日本庭園を生成。 前出の「ImportDepthMap」 プラグインで3D化



Anaglyphの出力画像



モデル3D化用に生成した、Depthmap一体画像を添付。
添付ファイル 添付ファイル


Blender:ChatGPTによる「ImportDepthMap」アドオンソース

ChatGPTが生成した「ImportDepthMap」アドオンのソース

立体化テストの対象画像は、以前、DreamTextureで出力した苔の生えた石垣。


整然としたソースにAIを...


「ImportDepthMap」アドオンファイル添付
添付ファイル 添付ファイル


Stable Diffusion + ChatGPT + Blender

「ChatGPT」で生成したプラグインでAI画像を立体化する記事



「ChatGPT」を使って立体化する、YouTube動画



早速「Stable Diffusion」で薔薇の花とDepthmapを生成して試してみる。

静止画では判りにくいが、「ChatGPT」で生成した「Import Depth map v1.0.3」を使ってインポートすると一瞬で3D化!
多少の調整が必要になるも、これは楽!
これまでのDepthmapを使ったCNC彫刻用のReliefや、3DプリンターのRelief作成にも利用できる。

添付ファイル 添付ファイル


Coffee Break

ローカル環境で、AI中! (7Gデータ使用)





AIのレンダリング画像を数枚パックしてあるので、切り替え時の選択はここ!


上の画像は、ネット版のキーワードをBlenderに貼り付けてレンダリング
添付ファイル 添付ファイル


Blender:Coffee Break!

Blender・DreamTexture:テスト

Cyclesrレンダー:ディスプレイスメント効果確認の簡易テスト


Blenderのみでテスト。
読み込んだファイルを「レンダープレビュー」に切り替えて表示
添付ファイル 添付ファイル


Stable Diffusion、Blender、Materialize

AI・「Stable Diffusion」で作成した苔岩画像から、「Materialize」と「Blender」を利用して立体化できるかやってみた!

Google翻訳で、苔岩作成用の日本語ワードを英語に変換



変換した英語のワードを、今回は「Blender」ではなく「Stable Diffusion」に貼り付け、画像を作成
(DreamTextureを使っても同じ)



立体化に必要な画像を「Materialize」で作成
Blender側で実際に使った画像は、高さマップとオリジナル画像の2枚だけ。



詳細設定無しでも、Blenderで立体化できる事を確認!



今回の作業動画とBlenderファイルを添付。
添付ファイル 添付ファイル


Coffee Break!

PBR:BMP処理は「Materialize」必須

「Materialize」無しでは、平面的な処理に!


シード値 -1 = 毎回異なる画像を生成


Blender:アクティブ要素

余計なものに惑われている間に簡単な操作を忘れてしまう現象!
備忘の意味を含めてのメモ。

オブジェクトの原点を好きな位置に設定して配置

添付ファイル 添付ファイル


Blender:ローカル環境

「AIrender」をローカル環境に切り替え。

構築が面倒でもWeb依存から開放され、気も楽。

Blenderでのローカルテスト:「http://127.0.0.1:7860」へログイン中のみ。


renderごと実行されるプロンプトの様子


ブラウザで編集する際のEditor起動画面 「http://127.0.0.1:7860


画像処理(白黒写真のカラー化や、ボケた写真の明確化など)はブラウザの方が専門的に扱えるため、今後こちらの頻度も上がりそうだ。

ローカルの切り替え


ログアウト後のAIレンダリングはエラーが発生!




詳しい設定方法は、下記サイトで

「Stable Diffusion」を簡単に利用するための実行環境