Pc-Trace

<< 2024年6月 >>
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30






Pc-Trace
PC-Trace

Blender - 2022年12月の記事 prev >
>>このカテゴリーの記事一覧

Blender:グリースペンシル Tablet に挑戦

Windows xp 時代に購入して、役目をもらえず押入れにしまい込んであった「WACOM」の廉価版タブレット。

10年以上前の機種で、Win10に対応しないドライバーでもBlenderで使える事を確認した。(前出のTemplateファイル使用)


お絵かきが初挑戦と言う事もあり、グダグダな操作だがマウスより疲れない? ような気もする。

思うように操れないが、何事も馴れ。
添付ファイル 添付ファイル


Blender:グリースペンシル・CircleDraw テンプレート

グリースペンシル・テンプレート
Kevandramさんのサイトからテンプレート部分のみ作成させて頂きました。

ジオメトリ・ノードの設定により柔軟な表現が可能



2Dアニメーション・グリースペンシル画面(初期設定は6分割)
この画面でペン・タブレットやマウスなどを使って描画


CircleDrawのジオメトリ・ノード、パラメータ設定

添付ファイル 添付ファイル


Coffee Break.....

ファイルごとの A・I 画像切り替え(過去ファイルもすべて同様)


Rainbow + rose


うまく丸め込む! 丸め込まれた?




突っ込みどころは多いが、イメージとしては合格!(個人的)


A・Iの欠点.. 何もしたくなくなる。


添付ファイル 添付ファイル


Blender:DreamTexture A・I テスト3

MOON

AIのmoonイメージ 人並み。 月内部?への入り口のようなものが..

人間の妄想の方がひどい!


幻想だけでなく真面目な「Rain」も地味こなすAI。

添付ファイル 添付ファイル


Blender:DreamTexture A・I テスト2

真面目に、基本的な 「Subject」 でテスト

A・Iのイメージした「青海波」文様



A・Iの出力結果
添付した、blewの煉瓦パターンは連続データ。
ホイールを押し込んで移動、回して拡縮。
添付ファイル 添付ファイル


Blender:DreamTexture A・I テスト

Apple:リチウム交換を終えて、反射板に写った自撮り写真の補正命令から..

寝起きの一枚目(直取りできない卑怯者!)


命令に無理があったか、拒否られたかのどちらか!


A・Iの好みが判明した "美人" 画像。 どっから...


犬を加えてみる 



真面目に仕事するよう、これから教育が必要?


Blender:美味しそうなプロの作品から..

美味しそうなプロの作品から..
YouTube動画

Beginner Blender Geometry Node Tutorial - Part 2



ジオメトリ・ノードのツリー構造(3.4で実行)



F12で、レンダリングを実行してみる。
やっぱり美味そう!
レンダリング画像(1920×1080 Cycles 時間 7分弱)

レンダリング画像添付
添付ファイル 添付ファイル


Blender:ノードテスト4

オブジェクトを移動すると、周囲に作成した環境(テストは、ランダムに茂った木や草などを想定)も同時に移動するジオメトリ・ノード(3.4で作成)

Vincenzo Spinaさんの作品から引用。 バージョンによって修正が必要
環境用の植物に有料プラグインを使用されていたが、木に見立てた円錐のオブジェクトで代用。

架空のビルを移動させると、周囲に茂った木も同時に移動する


動画でのパラメータは、サイズと密度のみ操作。

環境用のオブジェクトは任意で、グリッドの形状、解像度、サイズも任意。
添付ファイル 添付ファイル


Blender:ノードテスト3

ジオメトリ・ノード
3.xテスト

先行バージョンでは動作しない逆パターン(3.4でセット)


各パラメータ値を変更する事で、ジオメトリの変化を確認できる。
添付ファイル 添付ファイル


blender:ノードテスト2

ジオメトリ・ノード・互換テスト

バージョンアップするたび拡張されたノードが、下位互換を保っていない現実! これは困る。


同じ機能のノードを探すのに一苦労! 

添付したファイルは blender2.92 で動作するジオメトリ・ノード(UPBGE3.0では動作確認)

エンプティを選択し、Gキーで移動させる事により、リアルタイムでボックスが動く(動画参照)

3.4などの新しいバージョンではまるで動作しない。
添付ファイル 添付ファイル


blender:ジオメトリ・ノード → SketchUpインポートテスト

ジオメトリ・ノードで作成したモデルをSketchUpに取り込むテスト (実体化の個人的メモ)

配置したボックスをターゲットに、ジオメトリ・ノードでランダム発生。
ノード状態では他のアプリへのモデル出力が出来ないため、実体化ノードを出力前にセットし、ジオメトリーノードモデファイアーを適用する。

※適用する前の「ジオメトリ・ノード」作業ファイルは、後々の編集用に保存しておく!


出力前の「モデル実体化」が正しい処理なのかは不明!(他に見つけられないので、あくまで個人的な考え)


上のノードモデルをSketchUpへ「dae」でインポート


この程度では特にポリゴン欠落などの問題が見られないので、・テクスチャを含む、もっと複雑なモデルでの検証が必要かも知れない..
添付ファイル 添付ファイル


Blender→SketchUp:データ・テスト

個人的に気になっているテスト..(注連縄は単なるテストピース)

Blender Curve → オブジェクト


Blender Curve → 丸め指定


Blender Curve → シェーディングビューでの見え方


SketchUp インポート直後


SketchUp スムージング


SketchUp 個々のオブジェクト状態


なかなか気になる現象に行き着かないので、もう少し多くのテストが必要!
次に持ち越し。

※ Blender添付ファイルは、パス形状に「丸め」指定をすると肉付けされる。
添付ファイル 添付ファイル


Blender:UPBGE

現行バージョンは3.0



「BGE」が有用なのはゲームだけに留まらない。
ここは是非、標準仕様に戻してほしい(願望)



Blender:おもだしたテーマ

前々から作ってみたかったコロコロ19。

「FB」から拝借してばかりの「テーマ」だが、練習がてら..

この画像見て思い出した!

「ノード」使いは難しいので、ほぼショートカット・オンリー。 作業時間1分30秒弱

添付ファイル 添付ファイル


Blender:他言語Pluginを日本語化するPlugin.. 

精度は二の次!  User Translate  Free

多少の意訳は必要になるが、得ることの方が多く、大幅な時間節約になる。
様々な英語のPluginに戸惑う人は入れるしかないPlugin。



アドオン後の、Plugin設定画面



「CAD Sketcher」ですら、"使ってミ!" と言わんばかりの挑発メニューに早変わり (誤訳箇所に、多少の修正や編集あり)
感覚的に8割以上は翻訳できてる?



※「PDT」のような構成が複雑なプラグインの場合、ソースそのものを翻訳しないと無理があります (メニューだけなら何とかいけるかも知れない?)


Download:
「Free」ボタンは使用できないため、"公平な価格を設定して下さい:" の項目に、Free の場合、"ゼロ"(0)、または支払いたい金額を入力して 「支払う」 ボタンをクリックすると Download できる。


prev >