Pc-Trace

<< 2024年6月 >>
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30






Pc-Trace
PC-Trace

2023年7月の記事
07/28(金)
画像ファイルがあります 添付ファイルがあります
07/25(火)
画像ファイルがあります 添付ファイルがあります
07/23(日)
画像ファイルがあります 添付ファイルがあります
07/09(日)
画像ファイルがあります 添付ファイルはありません
07/07(金)
画像ファイルはありません 添付ファイルはありません
>>2023年7月の記事一覧

Coffee Break.. 再UP

クフ王のピラミッド(Pyramid of Giza)で、Coffee Break..
テクスチャを忘れて、再UP!

これだけで楽しむ。


要・赤青メガネ
Anaglyph

添付ファイル 添付ファイル


Coffee Break..:Windsor Castle

Windsor CastleでCoffee Break..

Blender3.3 + renderdoc v1.19


サイズが大きいのでZIP!  解凍後のファイルサイズが229Mあるので注意。
上の、「Windsor Castle」のフレームは2枚。 (横に長いので、二分割してキャプチャー)
添付ファイル 添付ファイル


Google Map:コロッセオ

コロッセオで、Coffee Break..

Blender3.3、renderdoc1.19

今回は、Blender内でのフレーム作業無し。(インポートのみ)
Renderdoc・キャプチャーサイズ(97.7M)
キャプチャー + Blender・インポート作業時間 10分程度。 昨日が大げさ過ぎた!


インポートしたデータをAnaglyph設定。
Anaglyph・データサイズ(100M)


添付ファイルは圧縮無し。
添付ファイル 添付ファイル


6枚のフレーム

Pad研究室さんのFBから拝借した、「軍艦島」のMapネタ。
Blenderや、renderdocの操作に慣れてないため、2時間近くを要した。

実用的と思えるレベルまで持っていくには、軍艦島の広さで「renderdoc」6枚の
レイヤー フレームを必要とした!


モデル精度についてはかねがね検証したいと思っていたテーマ。
良い機会、良いヒントとなった。

ファイルサイズが192Mもあるので、ZIPにて添付。

ファイルを開いたら「レンダープレビュー」に切り替える必要がある。
「RealCamera」プラグインは、通常のアドオンで処理。
添付ファイル 添付ファイル


Blender + GoogleMap

暫く放置すると、グーグルマップが読めなくなる現象!

更新を続けるBlenderや、GoogleMapの相性の問題もあるが、正常に機能していた時の構成に戻してみてもやはり読んではくれない。 ..謎?

ディスクトップの「Renderdoc」や、「Blender」のアイコンがゴミと化した。

・・では身も蓋もないので、復活作戦!(それほど大げさでもない)

先に、結果から..

画像の「Renderdoc」は、バージョン1.19。 1.26でもうまく取り込める。
https://renderdoc.org/builds



新バージョンのBlender3.5、3.6では、どちらもうまくインポートできなかった。
GitHubでは、Blender3.5で取り込める説明だったが、表示されるのは何故かデータの一部のみ。 完全なデータ取り込みは 3.3 で実現できた。

旧バージョン:ダウンロード
https://download.blender.org/release/




Blenderにアドオンする「Maps Models Impoter」のバージョンは、0.6.2

コマンドプロンプトを起動し、以下を貼り付け実行(うまくいく方で)

GitHub:
C:\Windows\System32\cmd.exe /c "SET RENDERDOC_HOOK_EGL=0 && START "" ^"C:\Program Files (x86)\Google\Chrome\Application\chrome.exe^" --disable-gpu-sandbox --gpu-startup-dialog"

個人的:
C:\Windows\System32\cmd.exe /c set RENDERDOC_HOOK_EGL=0 && "C:\Program Files\Google\Chrome\Application\chrome.exe" --disable-gpu-sandbox --gpu-startup-dialog



他に、いくつかの注意事項はあるが、過去記事に同じ。

1..Chromeが先に起動してないこと。
2..Chromeの、「設定」、「ハードウェア アクセラレーションが使用可能な場合は使用する」が ON になっていること。
3..起動時に表示された「GPU・pid」番号を、「Renderdoc」にセットするまで「OK」を押さない事.. 等々。


Blender:「RealCamera」テスト

唯一、フリーのプラグイン。

テストできるほどスキルは無いので、正しくは RealCameraの練習。


過去に練習で作った「コーヒーカップ」のモデルにカメラをセット。
焦点距離と絞りのみ弄ってみた。

Blenderバージョンは3.6.0
RealCamera プラグイン:

フリー素材の、ポルシェに「RealCamera」を設定(車体のみ)してみる。
モデルが良いと、それなりに見えてしまう。 スキル関係なし!

添付ファイル 添付ファイル


Blender Camera Addon メモ

Blender、CameraAddon 2



映像結果に求める内容(屈折による色収差など)や質にもよるが、制限付きでも同等の効果が得られるなら、個人的に「RealCamera」アドオンも一考の余地がありそうなのでメモ。
Download Link:

前出の「Foveon」は、Cameraそのものへの知識を深める必要があり、レンズ操作や、ステージ設定に奥深い技術が必要。 習得までに時間も要する。


個人的製作メモ:気圧、温度測定 NO2

気圧、温度測定 NO2

参考にした動画のリンクが削除されたため、GitHubに残されたオリジナルソースのアドレスを掲載
https://github.com/oksbwn/BMP180-Arduino

ここでは、個人的な地域固有のデータ取得を行わず、「SSD1306 128x32 I2C」で表示できるよう編集(zip ファイル添付。自己責任で!)

「Arduino LEONARD」+「 BMP180」で、データ取得のためのボードを仮組み。
LEONARDのVCCは、5VのPINしか用意されてないため、安全のためDC-DCコンバータを用いて3.3Vに降圧して接続した。
displayや、センサーにレギュレータが搭載されている場合は不要。


表示項目は以下の6項目
余談だが、DIGITALSCOPEを製作したおかげで、手間なカメラから開放され、直接録画、撮影できるようになった。




標高誤差はデータシートを参照の事(1メートル未満と、かなり荒いが個人的な使用においては充分)
センサーを身長ほど昇降させると数値の変化を確認できる。



今回目的としたコードとほぼ同じ内容。 「CubeIDE」で編集を行う場合、以下のサイトの動画が参考になる。
https://www.youtube.com/watch?v=2Fbkpzisjts&t=669s
添付ファイル 添付ファイル