Pc-Trace

<< 2023年6月 >>
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30






Pc-Trace
PC-Trace

雑記の記事 prev >
05/22(月)
画像ファイルがあります 添付ファイルがあります
04/27(木)
画像ファイルがあります 添付ファイルはありません
03/08(水)
画像ファイルがあります 添付ファイルがあります
03/05(日)
画像ファイルがあります 添付ファイルはありません
03/05(日)
画像ファイルがあります 添付ファイルはありません
12/08(木)
画像ファイルがあります 添付ファイルがあります
12/06(火)
画像ファイルがあります 添付ファイルはありません
11/25(金)
画像ファイルがあります 添付ファイルがあります
>>このカテゴリーの記事一覧

ESP32:テスト

SATA分配ケーブルが夕方到着。
SSDと、HDDの併用が可能となった。 が、PCの分解と接続が面倒なので、作業は明日に持ち越し。

先に到着したボードのテストから。

ESP32テスト1 アナログ時計


ESP32テスト2 グラフィックと文字


ESP32テスト3


上記のテストに用いたLibraryは、「TFT_eSPI」。
「User_Setup.h」を、ESP32Sと、ST7789のデータに基づいて変更。


ESP32・WiFi接続テスト
テストは「WiFiManager」Libraryを使用
下の画像はPCのBrowser(GoogleChrome)で受信した画像(ManagerのIPは 192.168.4.1 に固定される?)



IDEからboardへの書き込みは通常115200で実行することが多いが、「921600」でテストしてみた。
現在のところ、書き込みエラーは "ゼロ"。


今回の結線は以下の参考画像通り。



ESP32ボードを、ST7789のディスプレイに接続して使いたい人は、「User_Setup.h」をZIPにて添付。
「TFT_eSPI」Libraryの、User_Setup.hを解凍したファイルと差し替えれば上と同じ結果が得られる (自己責任で! オリジナルのバックアップを忘れずに)

動画は、右寄りに表示したメーター。
使い方は色々。
添付ファイル 添付ファイル


Amazon:BEARING到着

購入したベアリング球は、ステンレス指定。

C製のステンレスは、マグネットと親密な関係のものも見かけるため、手持ちのマグネットを近づけてテスト。
引かれあう事はなかったので一安心。 



TEST 1:ドリフト発生!

予想通り!


勝手に宇宙遊泳

「processing 4.2」:ソース ....
添付ファイル 添付ファイル


sparkfun:Pro Micro接続ガイドから

sparkfun接続ガイドページ

「Leonardo Pro Micro」に関するドライバー、トラブルシューティングなどが記載されたサイト。

今回のドライバー入手はここのリンクから。 インストールしておけば、いずれ役立つ時が来るかもしれない。




ボードのリセット方法や、ドライバーのインストール方法について詳しく記述されていたページ(グーグル翻訳画面)
ChatGPTで指示された内容と同じ対処方法だった。




チップリセットに関し、いずれの作業も該当せず、無反応。
これまでの作業で進展は無かった。


Coffee Break..

こんな経験めったに無い!

"Leonardo Pro Micro ATmega32U4 5V/16MHz ブートローダ マイクロ USB Pro Mini 開発ボード Arduinoに対応"

の謳い文句にもかかわらず、2枚同時の不良品!

USB挿入時の点滅等のアクションは無く、LEDが点灯するのみ。ポート認識無し、リセット反応無し、ブートローダーすら書き込めない状態。
勿論、全ドライバー更新後の「arduino-IDE」でのポート認識も無い!

ケーブル交換、PC交代、2枚セットだった事もあり、別ボードへの交換・・等々、考えうるすべての作業を終えて、早計とは思えない作業の長さに、結論を出すに至った。 
残念だが今回の「Leonardo」は授業料となった(返品交換の手間より別製品を再購入する方が早い!)
メーカーへの評価が悪くなかっただけに残念! (2枚セットで動作不良のレビューあり。ロットの関係?) またの機会に再確認する予定。
時間が経てば気づけなかった何かを発見できるかもしれない!

今回、子供のような質問に一日中付き合ってくれた「GPT」の協力の様子は以下。


諦めきれず、こんな作業が一日中続いた。
なにか進展があれば、追って報告


Coffee Break:衝動買い

「processing 4」絡みで衝動買いした2点のパーツ。
計画はこれから.. はて?、何に使うか?




2つ合わせて指に収まるサイズ。「Leonardo」を選択したことにちょっと後悔


老眼には厳しい!


PCIe 8ピン(6 + 2)について質問してみる

分離したGBのファン端子について、聞いてみた。

(どちらが左右→左右どちらでも)..質問を誤っても適切な回答が得られた。


うろ覚えの再確認ができた。(自己責任が伴うので真似はダメ! 正しくはマニュアルで)


Coffee Break:たまの息抜き..

なんと有り難い!

お馴染み、FL STUDIO 20のプレイ画面。
日本語化が済んで、「OPTION」→「一般設定」から開いたダイアログの、「General」タブの画面

日本語を発話させるのはかなり難しく、宙返り2回転くらいの捻りが必要(個人的な感想)


無知をさらけ出し、延々と数時間も続けた...


「mo」ファイルをアンパック。
生成した「po」ファイルの編集画面
アンパックファイルは、コマンドプロンプトから、"msgunfmt inputfile.mo -o outputfile.po”の構文で実行



ChatGPTに散々質問したあげく、たどり着いた有り難いサイト!

「FL STUDIO」ファンは、下のサイトから日本語化が可能..



Coffee Break.. テスト

Omniverse physics・サンプルファイルを動かす

3DPrinter用・ドラゴンをセットして着色。 空をアニメートしてみる。


サンプルファイルのサーキュレータ

添付ファイル 添付ファイル


Coffee Break! まさかの..

交換前の内部。 すし詰め状態
Twinmotionで作業すると火傷するほど温度が上がっていた(100度近く)



黄色枠が取り外してAeroと交換したGB。
2080と比較すると小型なのが判る。


現在使用中のディスクトップサイズは30x32x14の超コンパクトサイズ。
省電力の3050Aeroを換装用に選択した理由はここにあった。
オーバークロックの設定こそしてないものの、以前よりかなりのスペックダウン?

交換するGBの高さが高いため、シャーシーとヒートシンク両方を切り取る荒業に出たが、まさかの..(;_;)

元に戻すにも精魂尽き果てたが、消費電力が少なくなっただけでも良しとするしかない。 必ず良くなるとは限らない一例。


ファンが一つになった分、音は静かになった。
あとは、2080に期待するしかない。


Coffee Break! 本日分のパーツ到着

パワーサプライとグラボが「Amazon」から到着。

今日現在まで、とりあえずこれだけ。 中身より梱包材の処理の方が問題!


8700k用の換装用マザーボードをどれにするかは検討中。 年内には..

2台同時組み換えを予定。
その間、ブログを休む可能性も!


GB、MB、到着

この記事読んで、RTX2080(ASUS)拡張決定! パワーサプライも1000W必要な時代。 



ATXとGBは以外と大きかった。 
猫の額ほどのディスクスペースでは筐体が入らず、再度MicroATXに換装する必要が発生。
現在使用中の小型版RTX3050と、拡張に伴うパワーサプライ(ギリギリセーフな、SFX750W)は明日到着予定。  


ハレーション!.. アルミのヒートシンクがファンに見えてしまう錯覚。


MicroATXを追加購入するまで、2080はグラボだけ差し替えて使う予定。
不足パーツも多く、完成がいつになるやら...


懐かしのExcelVBA

Ic-SD inagaki architect様の最新記事から、VBAの懐かしい響きに少し振り返る。

最近、人の後ばかり追いかけているが、初心のまま進歩が無いのが原因?
ここで扱う「VBA」は構造計算などの高度な内容では無い!

すっかり動かなくなっていた、「近田伸矢」さんによるExcelインベーダーのコード

実に、2002年に作成されたもの
'*********************************************************
' CELLVADER
' for Excel97,2000
' By N.Chikada
' Ver 001 2002/5/3
' Ver 163 2002/8/4 Ver 166 2003/4/28
'*********************************************************

キーをリアルタイム・インターラプトで取得する事は、如何なるゲームに於いても第一義!
未だに「vbkey」などのキーワードを入れるとワクワクする画面が表示される。

インベーダーの初期設定のテーブル画面。


Excelインベーダー起動画面(オリジナルより150%程度拡大)
録画ボタンを押し忘れ、すでに2面目に入っている!


すっかり動かなくなり放置していたVBAのコードシートだが、今回、気合を入れて変更させて頂き、久しぶりに遊んでみた。 学習のためのもので、難易度は保育園レベル。 現在ではポンコツPCでも十分に遊べる速さ。 



作者の著作物につき、今回、勝手に変更したコードの共有はありません。
添付した動画の音ズレは、録画エンコーダーの影響だと思われます。
添付ファイル 添付ファイル


Coffee Break! 今日の運勢

今日の運勢!

ペットボトルの再利用 (3Dプリンターのフィラメント作成用) を考え、アマゾンで購入。
「色」と、「商品の重量」1グラム で気づくべきだった!
届いた商品にズッコケたが、笑いをとったので許すww

2mm穴のノズルを利用したペットボトルからのフィラメント作成を考えている方はご用心。



届いた商品は穴径不明のノズルが 1個 (目測 0.3〜0.4?)


レビューの無い商品には注意が必要。
1グラムよりは重かったので "お得?"


RenderDoc1.17 + Blender3.0.1 + GoogleChrome:メモ

記憶の経年劣化!

たまに使おうとして焦る事案なのでメモ。



GoogleMap(3D地図)を「RenderDoc」でキャプチャー出来ないときの確認事項
地図取り込み時のブラウザは「GoogleChrome」限定。


blender-3.0.1で地図データを取り込む際のプラグインバージョン



立体地図の取り込み。 
現在、「blender-3.0.1」+「RenderDoc 1.17」 +「MapsModelsImporter-v0.4.0」の構成でうまく取り込めている。
※Chromeが初回起動である事が条件(すでに起動したChromeがある場合はすべて終了させる)




GoogleChromeのショートカットを作成した後、プロパティから赤枠に以下をコピペで貼り付ける
C:\Windows\System32\cmd.exe /c "SET RENDERDOC_HOOK_EGL=0 && START "" ^"C:\Program Files (x86)\Google\Chrome\Application\chrome.exe^" --disable-gpu-sandbox --gpu-startup-dialog"




「MapsModelsImporter」の、同一バージョンが見つからない場合は添付ファイルから。

blender-3.0.1-windows-x64.zip
RenderDoc_1.17_64.zip
Blender Release一覧
添付ファイル 添付ファイル


prev >