Pc-Trace

<< 2024年6月 >>
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30






Pc-Trace
PC-Trace

FreeCADの記事 prev >
02/25(日)
画像ファイルがあります 添付ファイルがあります
02/22(木)
画像ファイルがあります 添付ファイルはありません
02/19(月)
画像ファイルがあります 添付ファイルはありません
02/12(月)
画像ファイルがあります 添付ファイルがあります
01/23(火)
画像ファイルがあります 添付ファイルがあります
01/14(日)
画像ファイルがあります 添付ファイルがあります
01/08(月)
画像ファイルがあります 添付ファイルがあります
01/06(土)
画像ファイルがあります 添付ファイルがあります
01/03(水)
画像ファイルがあります 添付ファイルがあります
12/27(水)
画像ファイルがあります 添付ファイルがあります
>>このカテゴリーの記事一覧

Assembly3:Coffee Break..

軸の動作テスト

添付ファイル 添付ファイル


Assembly3:組み立てテスト

先日添付した日本語版(作業中)ファイルがうまく機能しなかったため、内容に変更はありませんが、再度「zip」しました。
日付月で、前回と同じ場所にアップしてあります。

使い方が分からないため、マニュアルに従い初歩的な組み立てから。

添付ファイル 添付ファイル


Coffee Break.. Assembly3進捗

ツールバーの機能だけは探せるレベル。

ツールチップより重要なのはエラーメッセージ!
この数倍はある。


作業中の右クリック(コンテキストメニュー)


次のアップデートで、すべてが "オジャン!"。 覚悟を決めて、まず知ることから。

添付ファイルは今日までの作業中のファイルを、個人的な備忘録としてZIPしたもの。 インストールはこれまで通り、外部 Workbench が収納されている「MOD」フォルダに、解凍したフォルダ(Assembly3)を投げ込むだけ。

GPTを利用した翻訳作業は継続中だが、ほぼ無修正につき使用することはオススメしない。(すべては自己責任で!)
添付ファイル 添付ファイル


FreeCAD:Assembly3 jp化

Assembly3の日本語化したWorkbenchが見当たらないので、作業開始。

ただでさえ多いメニューに加え、アイコン画像もろとも意味不明!
「translations」フォルダ内にセットされたqmファイルは「asm3_uk.qm」のみ。
個人的な使用につき、Qt無視でのんびり、ゆっくり作業を開始。

現在の進捗、1/10 程度。



Assembly3:メモ

ありすぎて混乱するが、これはこれでメモ
Assembly3 Workbench

GitHub:https://github.com/realthunder/FreeCAD_assembly3

Joint・スクリーンショット画像


サイトのスクリーンショット
https://help-freecad-jpg87.fr/020_ass_DOF.php



FreeCAD・Assembly3 Workbench メニュー


メインツールバー・アイコン1



制約ツールバー・アイコン2



FreeCAD:motion-workbench

2024年版? FreeCAD-motion-workbench

またも振り出し!。 ユーザビリティは格段に向上している。
(アンチなレビューも見受けられたが、そこは個人差)


作者のYouTube動画






旧「MBD」と、「Motion」メニューの違い。
機能が纏められ、拡張されたダイアログにより、詳細な設定が可能になった。 
データの互換性が一部失われるため、ノード、Jointなどは再設定が必要。

旧・MBDメニュー



新・motionメニュー


Motion・mbdyn アイコン一覧

添付ファイル 添付ファイル


FreeCAD:土曜日のCoffee Break.. Gravity テスト

練習する時間が少なく、「Gravity」のみ。

参考資料が少ないので、ツールチップ頼り。
自己流は正しい手順の参考にならないので、念のため。

添付ファイル 添付ファイル


FreeCAD:メモ


FreeCAD 0.21.2 テスト


※ MBDynの使い方が分からず、参考にはならないので念のため。
添付ファイル 添付ファイル


FreeCAD:MBDyn メモ

MBDynに関する個人的メモ

現時点で「MBD」との共有はできてないが、サンプルデータが多いのはこちら。 
「MBDyn」を利用する場合、「MBD」をMODフォルダから外す必要がある。
「MBD」を使用する場合は、逆に「MBDyn」をフォルダから外す。


まずは日本語で理解する事から。(jp化、現在の状態:WIP)


シミュレーション結果のプロット





※MBDynを、個人的にJP化したものです。
使用に際して、いかなる責任も負うことはできません。

「MBdyn.jp.zip」を解凍し、フォルダごと以下のアドレスに投げ込む。
C:\Users\<個人のPC名>\AppData\Roaming\FreeCAD\Mod

依存関係
https://pc-trace.jpn.org/blog/blog.cgi?n=1843
で掲載した、sympy_mpmath.zipを解凍し、FreeCADをインストールした「bin」フォルダに張り付ける。

例:Windowsの場合、
C:\Program Files\FreeCAD 0.21\bin

添付ファイル 添付ファイル


Coffee Break..

前掲の作業手順。

動画・組み立て時間 3分44秒の辛抱。
先に、作業用フォルダを準備している事に注意!
保存と同時に、複数のアセンブリファイルが生成される。(Blenderとの連携可)


説明からはこの手順しか思いつかない。
添付ファイル 添付ファイル


Coffee Break..

TEST



フォーラム




添付ファイル 添付ファイル


FreeCAD:回転ヒンジジョイント

前出の「ピンジョイント」と同じ。

接続する二つのオブジェクトを選択して「回転ヒンジジョイント」を設定。

添付ファイル 添付ファイル


FleeCAD:「MBD・Workbench」重力、クランプ、回転ジョイント

情報が少ないので、自己流操作メモ。
重力、クランプ、回転ジョイントを試してみた。

※テーマ、操作手順はすべて自己流です。正しい操作方法は他のサイトで見つけてください。

条件:
「MBD・Workbench」、「sympy」、「mpmath」 が、インストール済みである事!




..気が向けば、Blenderに続く。
添付ファイル 添付ファイル


FleeCAD → Blender 2

FleeCAD → Blender へのデータエクポート手順。

https://github.com/zanoni-mbdyn/blendyn/wiki/Basic-Usage

「MDF」Workbenchから、必要なオブジェクトを選択して、「ファイル」→「エクポート」


事前に専用フォルダを作成して「dae」形式で保存(エクポート)。 


Blenderでインポート後の処理。 手順については動画参照。
Addonの説明はオリジナル英語版・Blendynで説明。

添付ファイル 添付ファイル


FleeCAD → Blender

FleeCADで作成したMBDモデルをBlenderへインポート。

Blender・プラグインについては、過去記事を参照

オリジナル版・Blendyn

FleeCAD から Blender へ取り込んでしまえばCG加工はやりたい放題!
何より圧倒的な処理速度。



添付ファイル画像
モデルをインポート後、ノードで簡単に色付。 アニメーション再生可能


操作手順、方法については次回。

Blendyn本文引用日本語訳

Blendynは、マルチボディシミュレーションの結果ファイルから3Dアニメーションを作成するのに役立つポストプロセッシングツールです。

Blendynはかつてmbdyn-blenderとして知られていました。mbdyn-blenderのバージョン1.5.0はBlendynに改名され、現在コードは「rolling」ベースで配布されています。

BlendynはPythonで書かれたBlenderのアドオンで、Politecnico di Milano大学の航空宇宙科学技術学部で開発された無料の汎用マルチボディソルバーMBDynの出力をインポートすることができます。
MBDynには組み込みのグラフィカルなプリプロセッサやポストプロセッサが付属していません。
なぜなら、MBDynはテキストのみの入力ファイルを処理し、テキストまたはバイナリ(NetCDF形式)の出力を生成できるからです。

Blendynアドオンの目的は、Blenderの3Dグラフィックソフトウェアの多くの機能を利用してMBDynの出力データをポストプロセスすることです。
したがって、このアドオンは厳密にはポストプロセッサですが、目標はモデルの定義フェーズ中にもできるだけ有用にすることです。....

添付ファイル 添付ファイル


prev >