Pc-Trace

<< 2024年6月 >>
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30






Pc-Trace
PC-Trace

< next Sketchupの記事 prev >

「AviUtl」を使って、「AVI」の書き出し

「Export Animation」で書きだした連続画像を、フリーの
「AviUtl」を使って「AVI」動画ファイルとして書き出す手順を画像で掲載してみた。

利用させて頂いた”3Dモデル”は、毎回お世話になっている、
kotarou 〜3D〜様が作成した、傾斜地に建てたパノラマ展望が楽しめる、円筒形の建物。




連続画像を「再圧縮なし」の「AVI」動画として書き出す場合、僅か一分たらずの動画でもギガ単位の要領を費やすため、「HDD」に十分な空き容量が必要となる。

1...「AviUtl」を起動したら、「ファイル」メニューから「開く(Ctrl+O)」を選択


2...「Export Animation」で書きだした、連番付き画像の、一番若い番号を指定(ゼロから)


3...読み込まれて表示された画像。


4...今回は、サイズ変更無し。


5...「ファイル」メニューから、「AVI出力(Ctrl+S)」を選択。


6..開いたダイアログから、ファイル名と、再圧縮なしにチェックを入れ、動画を書き出す。


7...動画の書き出しが終わると、スライダーが最後のシーンで止まる。


以上、簡単だが、これで「AVI」ファイルが作成される。
mp4などのコーデックを入れている場合、直接mp4で書き出しても良い。




下が、実際に書き出してみた動画
建物の美しさだけでなく、影や、日差しの動きにも注目してほしい。



< next prev >