Pc-Trace

<< 2024年6月 >>
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30






Pc-Trace
PC-Trace

< next Sketchupの記事 prev >

SketchUpと、DELFTshipの連携モデル

目的は、高台付きのステンレス皿の作成

SketchUpで簡単なボックスを作成し、高台部分をオフセットで軽く引き伸ばし、「STL」で保存。
作業時間:数十秒

「MeshLab」で「STL」ファイルを取り込み、「3DS」形式で保存。

「3DS」ファイルを「Crossroads 3D」で取り込み、「VRML1.0」にコンバートして、DELFTship(旧バージョン627)で取り込み、10分程度編集して完成。

皿の原形をSketchUpでモデリング


DELFTshipで読み込み編集


この程度のモデルならSketchUpで断面を作り、フォローミーで作成した方が早かったが、今回はデータの受け渡しを試験するための作業。

※「VRML2.0」へコンバートするフリーソフトは多数見かけるが、「VRML1.0」へコンバートするソフトは皆無に近く、その意味では貴重なソフトと言える。
すでにサポートも終了しているようなので、「Crossroads 3D」がダウンロード出来る間に入手しておく事をお薦めしたい。

「Crossroads 3D」がサポートするフォーマットは以下の通り。



Format Read Write
3D Studio (3DS) Yes Yes
3DMF ASCII (T3D) No (coming soon) Yes
3DMF Binary (B3D) No (coming soon) Yes
AutoCAD (DXF) Yes Yes
'C' code No Yes (the code output seems to be unobvious to folks, I need to fix that with either documentation or by changing the emitted code).
Direct X No Yes (but buggy right now)
Imagine No (coming soon) No (coming soon)
Lightwave No (coming soon) No (coming soon)
Megahedron (SMPL) No Yes
POVRay V2.2 Yes (subset) Yes
POVRay V3.0 No (coming in V2.0) Yes
RAW Triangle Yes Yes
TrueSpace (cob) Yes Yes
VRML (V1.0) Yes Yes
VRML (V2.0) No (coming in V2.0) Yes
Wavefront (obj) Yes Yes
WorldToolkit (nff) Yes Yes



< next prev >