Pc-Trace

<< 2024年6月 >>
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30






Pc-Trace
PC-Trace

< next Sketchupの記事 prev >

SketchUpと、DELFTshipの連携モデリング その3

いつもの3分モデリング。
復習を兼ねた練習作品なので、特に説明無し。

【作業手順】
SketchUpで完成イメージを予想しつつ、数分程度モデリング。
(単に、箱と、取っ手部分は小さい箱を作り、角を適当にカットしただけ。)
「VRML1.0」にコンバートし、DELFTshipでインポートした後、取っ手の形を少し整え、完成。

この程度のモデルだと、申し訳無いほど何もしなくていい。

パーツは、本体と取っ手の箱2つ。


読み込んで三角ポリゴンの斜めエッジをカット!


取っ手を少しだけ整形して完成。(たったこれだけ)


※添付ファイルは、DELFTshipのデータ。
ほぼ何もしてない。
底の部分だけ斜めエッジを残してあるのは平らにするため。

この後、3Dプリンター用に仕上げるなら再度SketchUpに読み込み、内部交差を取り除く必要がある。
(3Dプリンター用に、netfabbで、フリーで処理してくれるサイトもある。)
このカップを更に細分化して「SketchUp」用に保存したモデルデータも添付。(底が少し厚かったようだ。




DELFTship722のバージョンで読み込んだカップ。
新バージョンだけあって、金属のマッピングが綺麗だ。
(このモデルは3Dプリンター用に最終処理したもの)

添付ファイル 添付ファイル


< next prev >