Pc-Trace

<< 2024年7月 >>
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31






Pc-Trace
PC-Trace

< next Sketchupの記事 prev >
>>このカテゴリーの記事一覧

青海波プリント終了

2時間以上かけてプリント終了

規則的な糸引き文様は謎だが、きれいな仕上がり。
プリント後の糸引きは思ったほど目立たなかった。


機会があれば違うスライサーでも試してみたい。


青海波・150ミリサイズでプリント開始!

積層ピッチ0.2ミリで印刷開始! 滑り出しは順調。 



エクストルーダの引き戻し量不足? よく見ると特定の箇所から極細の糸引き!
STLデータに問題が無いので、設定が悪いのかRepetier-Host側の問題なのか良く判らない。


動画撮影の距離が近く、少々ボケ気味
添付ファイル 添付ファイル


SketchUp8:青海波文様

片面面付き青海波組子(正しくは、3Dプリンター用水密構造)

3Dプリンター兼用(片面面付き・片面フラット)





SketchUpのデータは自由に使ってもらって構いません。

3Dプリンター用のSTLファイルはサイズ150ミリの設定です。
好きな尺度で。
添付ファイル 添付ファイル


SketchUp8:檜垣文様・面付き

面付き檜垣組子(寺院、家庭用)

3Dプリンター兼用に設計したもの(落とし込み、継手構造無し、片面フラット)


SketchUpのデータは自由に使ってもらって構いません。
添付ファイル 添付ファイル


SketchUp8:七宝細文様 

Blenderでの操作が多くなってきので、ド忘れ防止!

3Dプリンター兼用に設計したもの(面無し、両面フラット)

目的のサイズに縮小後、3Dプリンターで使う予定。
組子幅は細目



SketchUpのデータは自由に使ってもらって構いません。
添付ファイル 添付ファイル


Coffee Break : Sketchup Importer 0.23.0

Blender・Plugin、「SketchUpインポーター」について、コメント投稿後不安になり再確認!(Pluginについては既出

SketchUpでテクスチャ処理したデータをインポートした場合、一度「UV」で処理する必要がある。

個人的にPluginを日本語化してあるが、読み込み時の指定は一つだけ!
レンダーエンジンは「Cycles」で取り込まれる。


マテリアル設定無しのデータ。



Sketchup Importer 0.23.0のDownload:

SketchUpの添付データは、3Dプリンターのテスト用として作成したものです。(SketchUp8以降)
自由に使ってもらって構いません。

添付ファイル 添付ファイル


Coffee Break:Kzライブラリ

風のフクロウさん(御本人が作成したFreeeのプラグイン)の、家作りが楽しめるサイト。

概要欄での自己紹介から
はじめまして! 風のフクロウです。
ジオラマにあこがれ、3Dモデリングを始めました。
このチャンネルでは、『スケッチアップ』による超簡単なモデリングについて紹介していきます...
https://www.youtube.com/channel/UCaIp65ibtf8AeVSjT6xaCyw



YouTubeでの紹介動画


見ているだけでも楽しい。


Coffee Break..

SketchUp8:

Anaglyph・北九州市動画(赤青メガネ必要)
サイズが大きく、動きがワウフラ..

添付ファイル 添付ファイル


Coffee Break..


土曜日のCoffee Break!
「考察」とまではいかない、ここから個人的な考えとメモ。

これまで "SketchUpのMATERIALは色塗り程度" としか考てこなかったが、SketchUpで簡単に呼び出し、設定ができる「PBR」のプラグインに出会った今、Freee素材ダウンロードサイトでパックされたほぼすべての画像要素を再現できるようになり、今後利用する頻度も増えそうだ。

Freee素材サイトambientCGでDownloadした画像にパックされていた内容

AmbientOcclusion
Color
Displacement
NormalDX
NormalGL
Roughness..他



「PBR」プラグインの設定ダイアログ
(ライトなどの光源に対する不満は残るが、そこはMATERIALで)


設定項目としては満足レベル。


SketchUpで平面にペイントした、レンガの自作マテリアル。
光沢と、光沢+法線マップの2つを設定。 SketchUp側ではいずれもマット!



「PBR」でレンダリング。 バンプマップ無しでも効果は確認できる。
SketchUpのCADとしての役割から、ディスプレイスメントを使ってまでの重い処理は実用的でない!(と、勝手に思っている)
ポリゴンの増加無しでこの程度の効果が出せれば..


いずれ、「Twinmotion」、「Blender」、「SketchUp」での比較検証をやってみたい..ような、みたくないような?


universal importer plugin:検証2 (jpファイル添付)

「universal importer plugin for SketchUp」検証2

エラーメッセージが理解できないと様々な問題に対処できないため、プラグインを日本化(下に添付)
※50ものファイルフォーマットに対応したプラグインなので、サイズが巨大です。(105M) Assimpライブラリや、MeshLabソフトウェアなどの依存ファイルも含まれているためインストールにかなりの時間(分単位?)を要します。 慌てて作業に戻らないよう注意が必要です!

メニュー(日本語化)


お馴染み、3Dプリンター用、STLファイルの読み込み。(基本機能にもある)


ポリゴン減少もアイコン1つで処理できる。


Windows10付属の3Dモデルの読み込み。



ユニバーサルインポーター日本語化プラグインと、データ取り込み時の動画添付。
添付ファイル 添付ファイル


PBR + universal importer plugin for SketchUp

どうしてもマテリアルがインポートできなかったWindows10付属の3Dシャトルモデル
(MATERIALがインポートできないモデルがいくつか存在する)

「universal importer plugin」で直接インポート
原因究明に至らなかったマテリアル消滅問題も難なくクリアできた!


ありえないシチュエーションの、テカテカシャトル!..に設定


NC彫刻などの数十万もあるポリゴンデータを、僅か数十秒で読み取れるほど高速だが、膨大な点群データのインポートも気になるところ。

Download:Free universal importer plugin for SketchUp

対応フォーマット: - 3D - 3DS - 3MF - AC - AC3D - ACC - AMJ - ASE - ASK - B3D - BLEND - BVH - CMS - COB - DAE/Collada - DXF - ENFF - FBX - glTF 1.0 + GLB - glTF 2.0 - HMB - IFC-STEP - IRR / IRRMESH - LWO - LWS - LXO - M3D

あと少し検証を続ける予定..


Coffee Break:glTF 2

プラグインによるPCB・MATERIAL(.skmファイル)再現性の比較 (調査する必要あり)

SketchUp202?の元データ。 2種類ののglTF・Pluginでエクスポートして、Blenderで結果を比較。


前出のPBR・Pluginにバンドルされている「glTF」アイコンからエクポートして、Blenderで表示した画像。 水面マテリアルの光沢や反射が再現されていない。


GitHubで見つけた「Yulio SketchUp glTF Exporter」プラグイン。  マテリアルの反射、光沢など、正確に再現されている(未調整)


前回紹介したPBR日本語版ファイルを添付
「glTF」と、「PBR」どちらも必要。
前出の「PBR・MATERIALファイル(zipファイル)も同時にダウロードしてSketchUpのMATERIALフォルダに入れておく事をお勧めしたい。

Blenderの添付ファイルは、(Cycles)シェーディングレンダーモードに切り替える必要がある。


添付ファイル 添付ファイル


SketchUp Material Libraries:メモ

マテリアル作成:メモ
skm(イメージや、イメージの内容に法線などを含められる)ファイル作成時に必要な工程備忘



これまで作成してきた .skm ファイルはイメージのみ。

他のFreeeソフト(Blenderなど)と兼用し、光沢や法線を含める事でレンダリング処理時の効率化が期待できる。

「.dae」だけでなく、すべてのテクスチャをまるごと「Blender」側へ「glb/gltf」形式でエクスポートできるソースがある事も知り、いずれ検証する予定



SketchUpから「gltf」でエクスポート


Blenderでインポート 完璧に読める。
機能、処理速度など考えると圧倒的に有利


保存した「gltf」形式のファイルをダブルクリックすると、Windows標準アプリ「3Dビューアー」が起動..(多分、使わない)



PBR:テカリ・テスト画像

アンビエントオクルージョンで、ニス塗り効果(テカリ)テスト


反射のアンビエントオクルージョン用に作成した画像


ノーマルマップと合成したレンダリング画像
環境光と、法線マップの調整だけでかなりの効果が期待できる。


ノーマルマップと、アンビエントオクルージョンは、Freeeのスタンドアロンアプリ「njob_v1_0_0.zip」を使用。

v1.0 機能:
1...写真をハイトマップに変換
2...ノーマルマップをハイトマップに戻す
3...高さと法線マップからアンビエント オクルージョンを生成する
4...ハイトマップをノーマルマップに変換
5...最も一般的な画像形式の読み取り/書き込み、他のアプリ間でのコピーと貼り付け



SketchUp2017〜:PBRプラグイン・メモ2

Freee「PBR」プラグインの奥が深くて少々ハマり気味。

説明できるほど理解できてない...
今回は、法線マップをテスト

前準備として、木目の「NormalMap」をwebサイトで作成。(Free)



SketchUpのPBRプラグインを起動し、法線マップの項目に読み込み、適用。
微調整後、レンダリング


古びた設定だが、効果は確認できた。


ウィキ..参考までに


PBRプラグインの日本語化ファイルは後日添付予定。
複数の依存ファイルがあり、うまく機能できてない例も見かけた。
添付ファイル 添付ファイル


< next prev >